永久脱毛が出来ない人はどんな場合?│アトピー脱毛は可能かい?

脱毛を考えている人の多くが「永久脱毛」という言葉を使って調べていることが多いということもあり、このページでは永久脱毛という言葉を使わせていただきます。※現在はこの永久脱毛という言葉は使われていません。

それでは、永久脱毛が出来ない人はどんな場合?ということを一つお話ししてみましょう。まず、これほど光脱毛やレーザー脱毛が普及している国というと日本しかないでしょう。

これは技術的な問題もあるでしょうが、肌の色ということが大きな要因になっています。白人の方ですと、無駄毛の色素が薄すぎてメラニン色素に反応せず、思うような永久脱毛の効果が光脱毛では得られないということ。

そして、黒人の方ですと、メラニン色素に肌も反応してしまうため、無駄毛だけを反応させて、光脱毛をするということが技術的に困難であること。この点日本人は肌が黒いわけでもなく、無駄毛は黒という光脱毛に適した人種であるとうことから日本では永久脱毛が普及しています。

一方で、日本人でも永久脱毛が出来ない人というのがいます。それは、日焼けをしている人。緑内障や心臓病といった持病を持っている人。こういった方々は永久脱毛が出来ない人となります。